小陰唇の肥大は縮小手術で解決できる|一人で悩まない

ウーマン

手術の流れ

ウーマン

小陰唇縮小手術を受ける際は、カウンセリングを十分に受けましょう。このカウンセリングで手術の内容が決まるため、非常に重要なステップです。手術自体はすぐに終わるため負担がありません。

Read

クリニック選びの注意点

お尻

費用がリーズナブルだから良いというわけではありません。技術力がなければ小陰唇縮小手術を失敗してしまうリスクもあるのです。ですから、しっかりとクリニックを見極めましょう。

Read

術後の生活に気を付ける

悩む人

小陰唇縮小の手術後は、肌が敏感になっているため入浴や喫煙が禁止になっていることが多いです。また、しばらくの間は出血しているため、ナプキンの着用が必須になります。

Read

手術を検討する

女性

小陰唇の肥大で悩んでいる女性は意外にも多いです。ただ、多くの方が誰にも相談できずに1人で悩んでいるのです。しかし、ずっと抱え込んでいてもなにも問題は解決しません。ここは勇気を持って美容形成クリニックなどへ足を運んでみましょう。そうすれば、原因を解決することができるかもしれません。
小陰唇が大陰唇からはみ出ていたり、シワが多く黒色だったり、パンツなどに圧迫されると痛みを感じる人は、小陰唇が大きい可能性があります。なかなか自分の性器を見ることはありませんが一度鏡などを使って見てみてください。1つでも該当する場合は、縮小を検討してみましょう。鏡で見るのが難しい場合は、小陰唇を直接指でつまみくっつけてみてください。そして、そのあとに軽く引っ張り指を離します。離したときにくっついた状態の人は小陰唇が肥大しているという証拠です。そのまま放置すると色素沈着をしてしまう可能性もあります。

肥大を解決するためには、小陰唇の縮小手術を受けなければなりません。手術に不安を抱く方が多いですが、30~40分ほどで終わりますし、日帰りが可能です。案外気軽に受けられる縮小手術となっています。しかし、料金はクリニックによって違いますから、色んなところを見た上で判断した方が良いかもしれません。技術があり対応も良く、リーズナブルな価格で治療をしてくれるところだと安心して縮小手術を受けられるはずです。インターネットを利用してそのようなクリニックを探してみてください。